ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS そして『模倣犯』

<<   作成日時 : 2006/03/06 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文庫版「模倣犯」
やっと読み終えましたよ、てことで。

年末に録画しておいた、映画版『模倣犯』
観てみましたよ♪

感想は。。。
まぁ、活字活字活字!!!って文庫本5冊に渡る長編を
2時間そこそこの映画(=映像が主体の表現ですよね、)に
するんですから、原作とまるっきり同じ、って訳には当然
いきませんよね。
ちょっとばかし大胆なストーリー変更も致し方ないと思います。
まぁそのストーリー変更により、映画2時間では到底描ききれない
伏線、人物のバックグラウンド、人物の事件への関わり。。。を
上手く省略できていたのではないかな、と思います。

し・か・しっ。演出的にどうしても納得いかない場面が一つ。。。
映画を観てらっしゃらない方にはネタバレになってしまいますが、
最後の方で、犯人が自供し、”自爆”をする場面があるんですよね。
(原作ではモチロン爆発などせず、ストーリーがさらに展開していきます。)
そのシーンが。。。何故、あんな映像に敢えてしたんでしょうか?
犯人の首がふっとぶのですよね〜。CGの映像だろうと思うのですが。
それが、妙にリアリティがなくて。普通、人間が爆薬でふっとんだら
木っ端微塵になるだろー、そんな首だけうまいこと飛ばんだろー、と
突っ込みだっくなるような映像で。。。
本筋はとぉってもシリアスなのに、そのそぐわなさに、思わず
大笑いしてしまったワタクシでありましたよ。。。(^-^;)

どうも、アニメ原作を知ってると、実写版を観て凹む、というのと
原作本を知ってると映画を観て凹む、ってのが共通してるような気がする
今日この頃でしたよ。。。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして『模倣犯』 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる