ねるねこむぎこ・あまえたほきち

DSC_4177.JPG
DSC_4178.JPG
熟睡のむぎこさん。
むぎこさんは、写真とってもちょっと
もふもふ触っても、たいがい動じない^^;

DSC_4180.JPG
甘えモードのほーきちさん。
我が家では一番のツンデレキャラ。

大きな病気、死線を乗り越えてきた子。
闘病時の身体のダメージは決して一掃されてる訳ではない。
そして我が家で唯一の純血猫。
で、10歳。

もう十分に、シニア、の認識でいます。

年功序列に3にゃんを見送ってきた身としては、
次はほしかぁ。。。とか、恐ろしいことを
考えてしまいます(==;)
(ゆんを見送ったメンタルダメージがまだずるずるきてる^^;)

自宅点滴とかに、一番抵抗しそうなのが、
ほーちゃんなのだよなー。

心配するのは心配事ができてからでよい、とはいうけれど。
でも、たてれる対策があればしておきたいので。

まずは、長らく頓挫してた定期健診だな^^;
どっかでうまくタイミング掴まねば。。。

ほしとむぎ。

絶賛バテバテで更新滞っております^^;

前の住まいから一緒に来た三人、
はな、ゆん、ぷぅが、皆、旅立ってしまったこと。

今の住まいになってから、常に3にゃんこず~4にゃんこず居たのが、
ほしとむぎの二人になってしまったこと。

が、自分にとって結構違和感あることに気付きました^^;

そして、違和感あるのは、これまでずっと先住猫たちと
一緒に過ごしてきたほしこさんも、そうみたいで。

最近、ちょっと私にくっつくのが増えてる気がします。
(それか、空気読める方の子なので、ゆんに遠慮してたのかも
  しれませんが(^^;))

(むぎこさんは、未だに私が留守の間は
 別室でケージ隔離飼いなのです。
 なんかやらかすのでは、っていう懸念が
 拭いきれなくて・・・
 でもちょっと変えていかねばね、と思っている今日この頃、です。)

DSC_4153.JPG
DSC_4158.JPG
DSC_4164.JPG

ゆんにお花を頂きました。と、ご報告。

猫友さんのyukky*さんから、
ゆんにお花を頂きました。

DSC_4138.JPG
DSC_4140.JPG
DSC_4142.JPG
いつもお気遣いありがとうございます。
メッセージもありがたく。。。(T_T)

そして、私が注文していたハーバリウムも、ちょうど今日届いて。

DSC_4148.JPG
DSC_4149.JPG
うん。
ちょっと華やかになりました。
(´_`*)



と、ゆんの膵臓のMassの病理検査結果が返ってきました。

DSC_4151.JPG

まーまず腫瘍だろう。
しかもかなり悪いの。

と思ってはいましたが、はい。
膵腺癌でした。

症例としては、やっぱりあまり多くはないようです。

病理所見をみたら、周囲のリンパ節に浸潤、
腫瘍漿膜面への波及あり(=腹膜播種してる可能性大てことですね)
十二指腸内腔にも既に浸潤。
そして、過去データでは、診断時に既に8割で転移を伴うなど。。。

うむ。
針生検で診断つかなかった時に、一瞬、開腹しての組織生検とか
二次診療(CTとか)も頭をよぎりましたが、
相手が膵臓、にでかいMass、という時点で
たぶん勝ち目はない、深追いは、ゆんに負担を与えるだけになるだろう。
と思って一切の検査や通院を断ち切って、自宅闘病に専念しましたが。。。

それで良かったのだろうな、と思える所見でした。

ほんっとにこんな悪性度高そうな腫瘍おなかの真ん中に抱えて、
よく2か月半頑張ってくれたね、ありがとう、ゆんゆん。

一息。

ゆんの看取り、葬儀、からの5連勤という怒涛の一週間。

連勤最後の今日は半日勤務。
ずっと出控えてたので、帰路途中で、
お昼代わりにお茶。

DSC_4127.JPG
カステラが有名なお店なんですが、パンケーキは普通に美味しかった(笑)
アッサムのアイスティは秀逸な美味しさでした✨

明日明後日は2連休。

ゆんの看病で夜中に2度3度と起きてた癖が
抜けなくなってるので、リセットかけなきゃな(^-^;)

思いの外バテてて、いろいろ片付けとかも進んでないので、
ぼちぼち頑張らねば。

ゆん追想記。

我が家の2にゃん目
誰よりも誰よりも優しかった
ピカイチ・世界一性格ハナマルさんだった、ゆん。

昨日、午前11時、永眠し、
本日お葬儀を行い、空へ送り出しました。



とりあえず、最後の闘病記ですが。。。

8月2日
DSC_4071.JPG
DSC_4073.JPG
DSC_4075.JPG
一枚目は明け方。
と、後の2枚は、私の出勤直前の写真。

本当にもう意識も低下してる時間も出てきていて、
帰宅するまで本当にもってくれるのか、と
またぷぅの時のような恐怖に駆られながら、出勤。

でも、どうにかぎりぎり頑張ってくれてて
DSC_4081.JPG
帰宅後、私の膝の上で。
でも、もう本当にふらふらで、意識状態は朝より低下。
今晩、無事見送れるかな。。。と思っていたんですが

8月3日 午前2時
DSC_4082.JPG
帰宅時よりややしっかり・・・?

そして午前2時半
DSC_4085.JPG
暗い写真ですみません。
電気消したまま撮ってたもので。
お気に入りの、腕枕。



で、このまま朝を迎えたのですが。。。

朝にはさらに状態悪化。
もう、ゆってる間に止まるのでは、という状況。

自宅で逝かせてあげたい、という気持ちも強く、
悩んで悩んで悩みましたが、もう数時間だろう、という
確証が自分の中にあったので、、、

ぷぅの時、いつ旅だったかも全くわからない、
帰宅して冷たくなりきって、固くなりきった身体に
向き合うのは本当に本当に心底辛かった、その記憶が
ぶあーーーっとよみがえってきて。。。

なので。
ゆんにごめんなー、と言って、
院長にご了承お願いして、同伴して出勤。

結果。
呼吸と心拍がとまる、まさにそのときに立ち会えはしなかったのですが
(勤務中ですからね、やっぱりずっとついてる訳には^^;)
でも、自分で呼吸してるのを確かめて、ゆん、聞こえてるー?と
声をかけたのがたぶん10時50分くらい。
で、他の先生が、止まってるかも!と声をかけてくれたのが11時過ぎ。

なので、11時永眠、とさせてもらいました^^;

最期に声をかけながら見送れなかったのは、やっぱりちょっと
心残りではありますが、でもここ3日間、もううるさいわー、て
ゆんにいわれそうなほど、ありがとうなー、ありがとうなー、って
ゆってたので。。。悔いはないかな。

もう一つ、悔いなし。
ゆんにごめんなー、ともひとつ断って、
病院の皆さまにもワガママさせて頂いて本当にごめんなさい、でしたが
臓器が壊死しないうちに、死後剖検させて頂いて、
結局診断がつけきらなかったおなかのMass(塊状物)、摘出しました。

で、ぷぅの時のように、病理検査に出しています。
どうしても、これがしたかったので、連れていったのもあるのですよね。。
生前に診断しきれなかった、膵臓領域のMass。
ゆんの寿命を限定してしまった、その正体を突き止めたくて。

ここでは写真はもちろん控えますが^^;
思っていた以上に大きく増大していて、そして
消化管とえげつない癒着を起こしていました。

そりゃ、食べれんわ。
てか、これでよく2か月半、頑張ってくれたなー、と。



DSC_4108.JPG
DSC_4104.JPG
DSC_4100.JPG
DSC_4103.JPG
DSC_4106.JPG
DSC_4107.JPG
お花、いつもお世話になってるフランシーズさんで作って頂きました。

で、午後から、はな・ぷぅも葬儀していただいた、
ほたるの里さんへ。

火葬直前。
DSC_4115.JPG

で、今はお骨になって帰ってきてます(^-^)
DSC_4118.JPG



ゆん 推定2006年5月15日生まれ
2007年3月より、我が家へ。
2021年5月より食欲低下
   膵臓領域でのMassが見つかる
   根治可能なものではないと判断
   自宅にて内科維持療法
2021年8月3日 永眠



ゆん、うちに来てくれてありがとう。
うちの子、になってくれてありがとう。

あなたは本当に本当に穏やかな、優しい子でした。

一人っ子期間が長く、警戒心の強かった、はな。
そのはなねーさんの警戒心をといて、くっついて
寝れるようにじわじわ馴染んでくれましたねー。
FotoJet (11).jpg
FotoJet (12).jpg

同じ出身だったぷぅとは、来たその日から仲良しさん(笑)
ふたりの猫団子写真、ツーショット写真がが山の様にあって、どれを
使おうか悩んでしまったよ^^;
FotoJet (13).jpg
FotoJet (14).jpg
ぷぅの闘病の時には、いつもそばについて、
毛づくろい、ありがとうね。

やんちゃっ子だったほしが来たときも、
しゃーこらいうはなに対し、まったく動じなかったあなた(笑)
FotoJet (15).jpg

むぎこさんが来たときも、あらあら、おめめ
大変ねー、くらいの感じで(笑)
そして、そういえば、短期間だけ預かりっこさんだった、
里子に出した、ちーすけ。ちーすけの相手も、
唯一あなただけ動じずしてくれてたねー^^;
FotoJet (16).jpg

本当に本当に、我が家のにゃんこずみんなをつなげてくれた、
本当に優しい、穏やかな子でした。

そして、輸血にも何度も協力してもらいましたね。。。
カルテみたら、8回。供血してもらっていました。
その、一番最後がほしでした。。。
あなたのおかげで、ほしは今も元気に走り回っています。
本当にありがとう。

おっとりしてたけど、意外とおもちゃは大好きで
15歳のシニアになっても、体調崩すまでは
しっかり遊んでくれたねー。
FotoJet (17).jpg

本当に本当に気立てが良くて別嬪さん、そんな子でした。
FotoJet (18).jpg
FotoJet (19).jpg

食欲大魔神、なんてあだなをつけていたあなたが、
闘病に入ってがっくり食べれなくなったのが、本当に
申し訳なかった。。。

治せる病気でなくて、ごめんね。
最期の最期の瞬間に、傍にいれなくて、ごめんね。
でも、最期の日の朝まで、大好きだった腕枕で寝てくれて、ありがとう。

できることなら、来世でもまたあなたに
会えますように。

8月ですね。

気が付けば、8月突入(^-^;)

ゆんゆん、超低空飛行ながら、なんとか
まだご存命、です。

まさか、8月までたどり着くとは、
正直思っていませんでした。。


ですが、もう本当に筋力も体力もなくなってて、
ふらつく、こける、トイレに入れない、間に合わない。
トイレから出られない^^;

29日のお休みと、今日8/1は、本当に一日
自宅にこもって、ゆんの様子を見続けていました。

30日
DSC_4023.JPG
DSC_4025.JPG
やつれっぷりが半端なくなってきました。。。


31日
DSC_4028.JPG
DSC_4030.JPG
DSC_4033.JPG
DSC_4035.JPG
DSC_4042.JPG
DSC_4044.JPG
DSC_4046.JPG
まだ多少なりとも動けはするのですが。。。
お水に対しても拒否感が激しくなり、飲水も
ほぼできなくなってしまいました。。。

そして本日、8月1日。
DSC_4054.JPG
DSC_4057.JPG
DSC_4058.JPG
DSC_4066.JPG
DSC_4068.JPG
今日あたり、看取ることになるのかな。。。
と思っていましたが、現時点、まだなんとか
踏ん張ってます。

一切食べ物を受け付けなくなって、もう一週間以上。
正直、見てるのも痛々しい状態ですが、
現時点、安楽死するつもりはまだありません。。

天命全う、を見届けられたら。。。
と思っています。

発作的なものとか出てきたら、考えますが(^^;