読んではいますが^^;

めっちゃめちゃ久々のこのカテゴリ、読了!です^^;
いやー、ある程度読んではいるんですが、
ブログに書くタイミングがとれず^^;
ま、異様に忙しいのが続いていたので、
読んでる冊数自体も少ないか^^;

前回記事が2018年3月なので、なんと
10か月ぶり^^;

で、15冊。
かなり前の記憶なので読んだ順は
だいたいです(笑)
そして記憶もやや薄い(笑)
数回に分けて記録として記していきます^^;

とりあえずたぶん2018年3月~春くらい?に
読んでいたもの。

画像
左上から。



「狐火の家」 貴志祐介さん

昔ちょっと読んでいた貴志祐介さんを買ってみました。
この作品は、ミステリ系の短編ですね。
まとまりよくテンポよく、さくさく読める感じです。
貴志祐介さんもこれからちまちま読んでいく感じに
なりそうです~



「あやし」 宮部みゆきさん

私、時代小説系ってちょっと苦手で^^;
で、時代物、ってわけではないんですが、
宮部さんのこういう系統もちょっと敬遠してたんですが
ちょっと手を出してみました(笑)
これは短編集。ちょっと不思議でちょっと怖い話たち。
いや、短編なおかげもあり、思っていたより
読みやすかったです☆
この系統もちょこちょここれから読もうかなと(笑)



「怪笑小説」 東野圭吾さん

東野圭吾さんの、短編シリーズですね。
黒笑小節、毒笑小節とか。
ブラックユーモアが効いてる系。
初版はもう20年くらい前で結構古いのですが、
面白いですね^^



「シアター!2」 有川浩さん

めっちゃ面白い!司さんがかっこよすぎる!
と私のツボにどはまりだった、シアター!の続編です。
ここで完結かと思いきや、どうやら3に続くみたいです^^;
3はまだ。。。出てないですよね?
続きが早く読みたいですー。



「麒麟の翼」 東野圭吾さん

これ、映画化されたんでしたっけ。
いやー、面白かった!東野さんの本としては
短い方かな、と思うんですが、すごく深いし
なんかいろいろ織り込まれてるような気がします。
加賀さんのキャラがやっぱりよいなー、というのも
ありますし。止まらない!の感じで読めた作品でした。



とりあえず今回は以上5冊。
またぼちぼち備忘録として書いていこうと思います^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック