本読み備忘録。

ぼちぼちと、本は読んではいましたが・・・
記録の、このカテゴリの記事を書くのを
長らくさぼっておりました^^;

てことで、なんと一年ぶりの
本読み備忘録。ですww

画像

前の、読了!の記事が2016年の9月だったので、
2016年9月~たぶん2017年初めくらいに読んでた本たち。

「小暮写真館」
宮部みゆきさんの作品。上下巻。
ミステリ系ではなく、人の心の機微を描いた方の作品ですね。
テンコ・コゲパンちゃんのキャラがいい味だしてます!
しかし根底に流れるものは、かなり切ない色合いに感じました。
全体の雰囲気はほのぼのとしてるといえば、そうなんだけど。

「虚像の道化師」
東野圭吾さんの作品。
ガリレオシリーズの短編集です。
短編といっても、それぞれがストーリーがちゃんとあって、
単なる物理トリックだけじゃなくって、草薙さんらしい、
湯川さんらしい言葉がちょいちょいあって、なかなか
読み応えありました^^
忘れたころに読み返したらまた面白いかも☆

「分身」
東野圭吾さんの作品。長編。
いやー、これ、なかなかおもしろかったです!
しかし欲を言えば、出会った二人がどうなっていくのか、
なんとなく雰囲気だけでもエピローグ的にふわっと描かれて
いたならな、と思う、まぁそのくらい引き込まれるストーリーだった、
そんな感じです^^

「マスカレード・イブ」
東野圭吾さんの作品。
以前読んだ、「マスカレード・ホテル」の続編。
というか、こちらで描かれているのは、
時系列的には、マスカレードホテルの
前の物語。
マスカレードホテルで丁々発止のお二人のキャラが
そこに至る前のストーリーが描かれていて
さくさく楽しく読めました^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック