本読み備忘録。

たまってる本読み記録を一気に書いてしまいますww

てことで、2017年夏~初秋に読んだ本たち。
画像

「レインツリーの国」
有川浩さんの作品。
はい、さっそく、これからどんどん読むぞー!と
宣言した、有川さんの作品。
これまた面白かったしテーマも深い。
けど、ちょっと甘々すぎというか、
やりすぎ感が若干ww
ま、ワタクシ、もともとラブストーリー的な小説は
苦手な人なので、致し方なし^^;

「夢幻花」
東野圭吾さんの作品。
結構時系列とか舞台がぽんぽんと
変わっていくので、最初はややとっつくのに
時間かかりましたが、中盤くらいまで読むと
止まらなくなる感じ。
なんとなく、薬物・麻薬とかが背景にあるんだろな、と
いうのが結構早くに読めちゃったので、
そこらへんのスリルわくわく感はちょっと少な目になっちゃいました。
伏線の練られ方とかはさすが東野さんという感じ。

「県庁おもてなし課」
有川浩さんの作品。
これこれ!これがっ。すんごく面白かった!
根底には、恋愛要素もしっかりとあるんですが、でも
それ以上に「おもてなし課」の奮闘てんてこ舞いっぷりが
すごく生き生き描写されてて。
ま、おもてなし課っていうか、主人公・掛水くんの、なんですが。
ワタクシ、行政とか民間とかって疎い人なんで、
勉強にもなりました。
高知弁、そして掛水さんと吉門さんの掛け合いが
ものすごいいい感じでぽんぽんぽーんと頭に飛び込んできて
かなりな勢いで読んでしまった一冊。
また読み返してもおもしろいかな^^

「幻夜」
東野圭吾さんの作品。
かなりな長編です。
すごーく分厚い単行本^^;
以前読んだ、「白夜行」に続くお話しですね。
続編、というのは前面に出されてはいないんですが、
東野さんが好きで白夜行を読んでる人なら、
あれ?と思って気付くだろう点(伏線)があります。
私的には、白夜行はなんだか淡々としてちょっと
とっつきにくかったのですが(主人公二人の感情が
どちらもほとんど描写されない)
この作品は、雅也の心情が描写されていて、
ワタシとしては読みやすかったですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック