本読み備忘録。

たぶん2017年初め~2017年初夏あたりに読んでいた本たち。

画像


左上から

「片想い」
東野圭吾さんの作品。
ちょうどこの作品を読んだ直後くらいに、
これがドラマ化されるというニュースを知り。
で、その役者さんが、私の中の「美月」像に
かなり近かったので、ちょっとびっくりした^^;
すごーくテーマが重く難しい作品、だと思います。
そしてとても切ない。
とてもとても切ない。
人間はいつもだれも割り切れないものを抱えて
生きているのかもな、と思わせてくれます。
そんな本です。

「むかし僕が死んだ家」
東野圭吾さんの作品。
結構古い、初期の作品みたいで、
割と新しい作品から入ったワタシにはやや読むのに
時間がかかってしまった^^;
あまり時間がゆっくりとれない時に読んでいたためもあり、
伏線が結構複雑で、読み返すこともあり、ちょっと
粗雑な読み方になってしまったかも^^;
ゆっくり時間とれる時に再度読んだら、もひとつ
面白いかも。

「禁断の魔術」
これまた東野圭吾さんの作品。
かなり新しい方ですね。
ガリレオシリーズでは最新かな?
今回は短編ものではなく長編。
どんどん読み進めたくなる作品でした。
学者たる明晰さを持つ人物が、犯罪を行う決心を
してしまう設定はちょっと辛かったけど、それゆえに
湯川さんがありえんほど苦悩してるのがうまく
描写されててひきこまれましたね。
最後にそれなりに爽快感が得られる〆は
期待通りです。

「美しき凶器」
今回は東野圭吾さんオンパレードww
これも、かなり初期のものですね。
あまり凝った伏線とかのある作品ではなく、
結構ストレートに淡々としてる作風かも。
美しき凶器、がタイトルですが、結末を見ると
うつくしき「狂気」でもあるのかなぁ、と。。。

「阪急電車」
有川浩さんの作品。
以前から読もうよもうと思っていた有川さん。
やっと読みました!
で。なんで今まで読んでこなかったんだー!とww
いやー、面白かったです!
読むの止まらない系。
そして私がよく読む、東野さんとか宮部さんって
結構重い暗い系が多かったりするんですが、
この作品はとってもほのほの読み終えて
嬉しくなる感じですね。
これからどんどん読んでいきます!有川さん☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック