おじゃましにゃーっす☆(ほごにゃん日誌)

えー。。。
ちょっと経緯はおおっぴらには書けないのですが(^-^;)

5~6年ぶりに、我が家に居候がやってまいりました f^-^;

画像
私と、初めまして、の日の状態。
脱水がひどく、やせ細って、両目とも腫れあがりすぎてて眼瞼が開かず、
ぺらぺら・よれよれの状態。
しかしこれでも前日の夜よりはマシだったようで、前日の夜は
心拍が落ちて、意識も朦朧で、もうアカンのでは、という状態だったらしい。

で、まぁちょっと経緯がありまして、ワタシが面倒みます、と言い切り(笑)
私の保護・責任のもと、治療に・・・



画像
2日目。全く自力で飲水採食しないので、静脈点滴継続。
強制給餌も少しスタート。
画像
眼はすこーしだけ開いてきました。
画像
どうにか座っていられる、そんな感じです(^-^;)



そして3日目。
画像
子猫用ドライフード、自力採食し始めました!
ほんの3日前には心臓止まりそう、までいってたのにね。
やっぱり生き物はミラクル☆なのです。
画像
眼瞼の腫れも、すこーしずつはマシに。



で、本日4日目。
画像
そこそこの量のフードを自力で採食し、立ち姿も
ちょっとはしっかりしてきたので、静脈点滴を夜で一旦stopし、夜間だけ
我が家に連れて帰ってきました^^

画像
仕事の行きかえり、なんだかんだと荷物が多いもので、
フードと一緒にキャリーに詰め込まれる(笑)


保護当初0.6kg。推定3か月弱。
いわゆるサビ猫で、麦わら系の色なんで、仮名は むぎ です。
現時点バリエーションは
むぎこ こむぎこ むぎちょこ むーちゃん (笑)

正直、ぷぅの闘病で結構心身ともに参っているのは事実ですが^^;
生きようとしている子を、人間の都合で振り回しそうな状態だったので
無謀にも手を挙げてしまいました。
気が短いんよなぁ^^; (そして頑固。特に自分の獣医の根幹である
獣医とは何ぞや、に関わるところには、極めて頑固。自分でも難儀やわ^^;)

しかしまずは、今我が家の家族である、
3にゃんこずに迷惑はかけられないので。
当面は隔離です。
しかし敏感なほーきちは、なんか感付いてイライラしてるんよなぁ^^;
ちょっとかまって&あまやかしてあげねば・・・

ぷぅの治療も、これまで通り。
手を抜くことはありません(^^;)

むぎさん。
まずは生き延びられるか。
という状態でしたが、ここはもうかなりクリアしたように思います。

そして生きられたら、どこまで状態改善できるか。 
眼がかなり厳しい状態なのだけど、
(両眼とも、眼瞼の問題だけじゃなく、眼球も濁ってる。)
片目でも見えて、一般家庭で飼えるくらいに状態改善できたら、
里親探すかも。

猫飼いたいかも、という方いらしたら、
ちらっと気に留めて頂けると有り難く存じますm(__)m 

全盲やったらもううちの子、かなぁ^^;

ということで、5~6年ぶりの保護にゃん日誌、スタートです f^-^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しゅしぅ(Tinny)
2017年02月09日 18:45
あらら・・・お目目が痛そう。
子猫の生命力すごいですね。
むぎちゃん、きっと治ったら美人さんになりそうです♪
視力が回復することを願っています。
うちの一番高齢な桃永(もえ)もガリガリガビガビで拾いました。
鼻水、口内と目のひどい炎症だったので同じウィルスかな。
完治するまで1年くらいかかりましたが今は元気です。

そうそう、うちの小登(サビ)もうちに来る前の名前がムギでしたw
よねっち
2017年02月12日 22:47
>>しゅしぅさん
生き物はすべてミラクルですね。特に猫の生命力には驚かされることがよくあります^^;
外の子はもれなくヘルペスもってますね~>< 

あはははは、小登さん、そうなんですね!やはりこういう仮の名前って、みな思うところは似通るのかwww

この記事へのトラックバック