レ・ミゼラブル見てきました!~チャージ、movie。~

てことで、先日の休日らしい休日の一日。

めっちゃ久々にお一人様映画館映画鑑賞してきました!

ワンピースのSTRONG WORLD以来の映画館・・・
おっと。2010年の1月以来・・・
3年以上ぶりっ?!


もーちょっと映画館にも行こう、うん。。。


そんな久々の映画館で見た映画「レ・ミゼラブル」は・・・

いやー、見に行ってよかったです(^-^*)

正直
見終わるまでに何度、うるうる(T-T)のウエーブがきたことか(笑)
見終えた後、かなりしっかり化粧直しが必要でした(笑)

ま、ワタクシの場合、小学生のときに「あぁ無情」を読み
高校くらいのときにミュージカルを見に行き、感動し、
CDを買ったんだっけなぁ・・・?一時期、歌詞覚えるくらいにその曲を聴き。
そして原作、5冊か6冊くらいあったっけ、そこそこ分厚い文庫本。
を、読破した、そのくらい好きで思い入れのあるもの・・・

懐かしさ、だけでも感動する側にアドバンテージあるんですよね (^^ ;)

ま、アニメの実写化(←これはうちは基本嫌いww)と同じく、
こういう映画って賛否両論あってしかるべきだと思いますが、
うちにとってはとっても良い方にツボでした☆

(以下ネタバレ含みます。これからまだ観る!って方はスルーしてください^^)


とりあえず冒頭の船のシーン・・・
あの迫力は、やっぱり映画ならではかな、と。
原作とか、ミュージカルにあぁいうシーンってあんな重厚にかかれてたっけ?
割と、バルジャンとジャベールさんの馴れ初め(笑)ってかなりさっくりにしか
描かれてなかったような印象だったんですが・・・
あの映画のシーン、凄いなんか印象的でよかったです^^

あと、ジャベールさんがバルジャンを捕まえてみせる、と
空を見上げ 彼が居るだろう街を見下ろし 歌う
あのシーンのスケール感も、やっぱり映画ならでは、かなーと。^^


それと、これはミュージカルならでは、の演出というか目の付け所だと思うのですが、
本当にほぼ全編メロディに載せてセリフを歌う、でもその中にほんっとに最後の
一言二言だけ、しゃべる口調(に近い状態)でセリフをいうところがあったのですよね。
こういうところ、余計にその言葉の重さとか切迫感が出てる気がして。
その一瞬のメロディの切れ間がなんとも緊張感があってよかったのでしたー。


そして、この物語って結構長い時間軸を追う物語ですが、
バルジャンの老けっぷりが素晴らしかった♪
顔(特殊メイク)だけでなく、歩き方とかね、体型とか何気ない服の着方とか・・・
ぱっ と画面に出てきた時に、お、おとーちゃんこの数年で老けたなー^^;
って自然に思ってしまうような(笑)
これってやはり演出と、特殊メイクと、演技の賜物なんだろうなー、と。

そんなバルジャンさん。
エンドロールで役者さんのお名前みてたら・・・・
ヒュー・ジャックマン。

ん?
ヒュー・ジャックマンって、・・・
あれっ?

う、ウルヴァリン?!
ひゃー!

はい、ワタクシTVなし生活続行してるもので、映画の詳細あまりチェックせず、
役者さんどんな方が出てるとかほとんど把握せず観に行ってたもので^^;
(そしてワタクシ、海外の俳優さんに超うといので f^-^;)

いやー。
ヒュー・ジャックマンさん。
かっこよかったー★
そして、皆様歌うまいっ^^;
演技しながら歌ってるのか、あとであてこんでるのかは存じませんが
実際に演じてた役者さんが歌ってるのですよね?あれ。
素晴らしかったですわー。


そして、エンドロール見ずに映画館出ちゃう人って結構多いのですが・・・
ワタクシ、最後まで居残る派、でして f^-^;

今回も、残っててよかった★
エンドロール流れながら、ミュージカルナンバーが歌なしの
インストゥルメンタルの状態で流れていたんですが
最後に響き渡った people singの最後のたからかなTpの音
素敵な映画の締めくくりにぴったりな美しい音でしたー^^*

んー♪
やっぱたまには映画館にもいかねば、ですね ♪
久々にゆっくり時間を堪能いたしました^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック