白い○○シリーズみたなクッ・・・ペ・・・?~パン焼きの旅~

先日日記に書いたよーに。

パン作りのアイテムがいろいろ届いたんですが、現在
なんだかいろいろ絶賛大忙しで^^;

パン焼けるのは19日・26日のLiveが終わってからやなー、と
思っていたんですが・・・
12日の日曜日、昼過ぎまでビッグバンドの練習があった後。
帰宅して、夕か夜にA.saxでスタジオ入ろうと思っていたら
スタジオが空いてなくて

で、ぽこっ、と空いた時間。

何しよー・・・・・

パン焼こー・・・・・

ってな具合に思い立ち(笑)


しかも。
前に作ったのに近い、ミニパウンドの型を使っての
パン作りをするつもりだったんですが。
天の声がありまして。

思わず無謀にもいきなりリスドォルを使ったハード系パン、
クッペに挑む。

とりあえず今回の検証ポイントは
今回購入したグッズ達の使い勝手を見る

そして一番大事なこと。。。

設定温度最高200度

っていうちゃちーいうちのレンジオーブンで、果たして

焼成温度指定230度とか250度とかいうハード系のパンを
焼くことは可能なのか、無理なのか。

・・・・・これまで、数々のパンをびっくりするくらい、
えぇそりゃもう、焼けてんの?!ってか間違いなく生焼けやろ?!
ってくらい白く白く焼きあげてきた経緯がございますからねー^^;
(過去のパン焼き日記ご参照くだされ^^;)

↓ここにまとまっております

http://yon.at.webry.info/theme/fecf04c988.html

で、今回。
フランスパン系の中では一番入門に適している、と言われるらしい
クッペにチャレーンジ

粉:リスドォル 200g
塩:普通の塩(笑) 4g(2%)
砂糖:普通の砂糖w 4g(2%)
インスタントドライイースト:4g(2%)
水:120g(加水60%)
モルトパウダー:1.2g(0.6%)

レシピの大元はクックパッドのもの。
だけど、そのレシピにはモルトパウダーは含まれてなかったんですが、
何もしなければ絶対焼き色、ついたとしてもごくわずがだろう・・・
という予測はたっていたので、焼き色をつける効果もあるという
モルトパウダーも、他のレシピを参考にして、0.6%で加えてみた。
(実際はも少したくさん入ってるかも・・・1g単位しか測れないから、
うちの測り^^;)


まずは、先日購入したグッズ達の活躍。
これは素晴らしかった☆今までうち、パン生地捏ねるのん、
カッティングボードでやってたんですね。
これだと、片手で捏ねつつ、もう片手はボードを支えないとダメで、
それがもうめっちゃくちゃ力要って^^;
そこでクオカのペストリーボードを買ってみたんですが。
もーうびっくりびっくり。
生地捏ねるのがめっちゃくちゃ楽になりました。
これはこれから重宝しそうです v(^_^v)
他にも、ガラスボウルも発酵具合が見れてよいし、
パンマットもとても良い感じ。
とりあえずグッズ達はみなどれも買ってよかったなぁ、な
手ごたえです

さ、そして肝心のパン焼き。

分量は上記にて。
ハード系のパンは捏ね過ぎ禁物!と書いてありましたので
捏ねは8~10分程度。叩きの作業を多くしてみた。
一次発酵:レンジの発酵機能使わず、室温に放置してみた。
 ・・・ら、めっちゃ発酵進む進む! ・・・・・やっぱ大阪暑いんやー笑
で、レシピだと発酵1時間のところ、40分で切り上げ。
取り分け(初めてちゃんと重さ測って等分を意識してみた。)
ベンチタイム
成形
ホイロ
焼成(200度、余熱あり。)15分。

ベンチタイムもホイロも、過剰発酵になりそだったので、
早めに切り上げた^^;

工程の経過はこんな感じ↓

画像
生地捏ねあがったところ。
正直、この段階での生地の状態は、これまでで一番良いかも。
ペストリーボードサマサマでっす
あ、それと、パン焼いてない間にネットあれこれ見て、
「良い生地の条件・状態」ってのを多少は意識したから、もある、かな?

画像
一時発酵の後。思ったより膨らんでます^^;

画像
成形した状態。
( ̄▽ ̄;)この時点で既に嫌な予感が・・・
はい、そうでした。今までうちのレンジで200gの粉がちゃんと
焼けたのって、高さの多少はある型に入れて焼くパンだけだったー!!
ここからホイロして膨れたら。
はい、もう結果はわかりますね。

画像
パンくっつき祭り(爆)

しかも。
ねーほらほら見てー!やっぱり某パンメーカーの
「白いホニャララ」シリーズみたいな白さのパンよっ

って、ちっがーうぅ 〇| ̄|_ガックシ

いやーホントに、クッペを焼いたハズなのに、
クープのクの字もないし(^▽^;)
(クープ用のアイテムはまだ入手しておらず・・・無謀にも
 包丁で入れて見た。ら、めっちゃひきつってるし^^;)
 (某サイトによると、ひきつる→乾かし過ぎかも?みたい。)



んーでもこれでどうやら
うちで焼いていままで焼き色がついたのは
糖をたくさん加えてあるパン
表面に卵液(ドリュエル)を塗ってあるもの
型に入れて高さがあるもの

このうちの少なくとも1つには当てはまるようで。

逆にいうと、どれも基本当てはまらないシンプルなフランスパンは
たとえモルトパウダーを入れていたとしても

我 が 家 の 今 の 設 備 で は        
     ま と も に や け る こ と は ま ず な い


って結果に至ってしまいましたーん

まーでもリスドォルまだたんまりあるので、
いろいろ試してみます。
今一つ考えてるのはケーキとかの焼き型逆さに置いて
その上に置いて高さつけたら、もちょっと焼き色
つかんかな?とか妄想してます^^;

しかし、ま。
見た目は白いロールパン?!みたいなこやつでも。
それなりには、美味しいんです

画像
で、いつものごとく。
食べる前にトーストしてみた。
んー、やっとこれで少しパンに見える・・・か?(^^;)
で、食べて見たら。あら、結構美味しいやん♪
クラストは意外にもそこそこぱりっとしてまして。
クラムは・・・みっちりもっちりな感じ。
個人的には嫌いじゃないけど、きっとクッペとしては
間違ってる(たぶん?)

んー、でもやっぱこの中途半端な焼きでは、リスドォルの本来の
美味しさは弾き出せてないと思う。まったく。
ごめんよー リスドォルさん~(ノ_;)




ということで、ちょっぴり悲しい検証結果のクッペもどき?焼き
日記でした。

画像
そして今日の朝ごはんに、真ん中でさっくりかっさばいて、
オリーブオイルかけて粉チーズかけてブラックペッパーと
バジル振って焼いてみました♪

うん。そこそこには美味しい。
ちょっと塩気が強い気はしたけど。

そういえば塩加減も強いな、と思ったkと、前にもあったっけ。
原因はなんだろなー^^;

さて、次回はいつか未定ですが。
粉:イーグルで、食パン系な感じにトライしたい所存です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ハナ
2010年09月15日 05:22
おはようございます^m^

一度に入れる量が多いのかも??
オーブンによって生地の適正量があるから、分割した2つくらいが一度に焼く適正量なのかもしれませんぜー

ワタシ、130g=160gの粉で仕込んで1本焼くんですけど、合計21分焼いてます(^^;
200gで仕込んで細いのを焼くときも、1本ずつじゃないと色付きがよくないんです(涙)
砂糖やバターを入れた生地だとすぐこげそうになるけど、バゲット生地だと色が付くまでに10分はかかります。
280度で焼いても。

ファイト!
何でも聞いてみてください。レシピ的なこともOKですぜー
ハナ
2010年09月15日 05:23
む。
130~160gです。
=になっちゃった(^^;;
よねっち
2010年09月16日 14:06
>>ハナさま
わー!ハナさん、ホントにいろいろありがとうございます~。そ、そ、そうか(^^; 確かにそりゃそうですよねー。オーブンのキャパ・・・。ただでさえちゃちーいお手軽レンジオーブンなのに、そんな普通にどっさり入れたら焼けるもモンも焼けないですよね(^^;;;

そんなコトにも気付けない、さすがワタクシどどどどど素人(笑)

やっぱり砂糖とかバターとか入れるのと、全然違うんですよねー。前、チョコレートとか入れて焼いていたミニパウンド型で、今度食パン的な配合のパンを焼こうと思ってます。バター・牛乳ありとか、ナシとか、変えてみて。それでいろいろ反応というか焼き色とかの加減を見てみようと思ってます。とりあえず次回クッペを焼くときは、100g分をレンジに入れて焼きに入ってみます!
ってかハナさん使ってはるオーブンでも、130~160gで21分!それとか、1本ずつ焼いたりとかしはるんですか!んー、そりゃうちの方法ではちゃんと焼けなくて当然!ですよね(^∀^;)

いろいろありがとうございます。勉強になります!いろいろ自分なりに試してみますー。またいろいろ教えてやってくださいm(__)m

この記事へのトラックバック