劇団ZTON公演「沙羅双樹のハムレット」観てきました。

元々どっちかとういうと引きこもり体質。
外に出てあれこれ人と会うのは苦手な方。

なんだけど。
この3月はいろいろ予定が入ってマス。
ってか入れてマス。

まー、ずーっと目標なんですが。
特にこの3月は外にでましょう強化月間です。

んで、そんな時に、以前の公演を拝見して、絶対次も見たい!
http://yon.at.webry.info/200708/article_14.html
って思った劇団さんの公演がありまして。

今日も明日もあさっても、仕事。
そんな平日の夜に出かけるなんて滅多にないのですが。
外にでましょう強化月間ですし(笑)
今日を逃すと観れる日程がないので、行ってきました。
仕事を終えて帰宅して、一息ついて、いざ京都へ!



画像


劇団ZTONさんの公演 vol.3だそうです。
「沙羅双樹のハムレット」


はい、1時間半しっかり楽しんできました(^-^)

でも、すんごくびっくりしたのが、お芝居のイメージが、前回と
全然違った、ってコト。

まぁ、前回はオリジナルの脚本で、今回はシェイクスピアの
ハムレットをアレンジしたものだから、当然と言えば当然?
・・・なのかもしれないんですが。 f^^;

でも、前回私がとっても印象に残ったのが
”理知的理論的だけど、とっても熱を感じる舞台”
だったんですが、今回は全般にやや抽象的、クール、、、
そういった印象を受けました。
(あ、あくまで私の感じた全体の”雰囲気””イメージ””印象”です。)

いやー・・・おもしろいもんですね^^

今回もすばらしく楽しませて頂きました^^
でも、好みでゆったら前作の方が好きかも(笑)
(↑あくまでも超・個人的趣味での見地です^^;)

しっかし・・・
シェイクスピアって読んだ事ないんですよね(ー▽ー;)
それも、微妙に抽象的に(遠く?)感じた原因なのかなー。

うーん。
活字は結構好きなんですが、専らミステリばっかなので。。。^^;
文学らしいものって読んだの、レ・ミゼラブルくらいしか心当たりが、ない(笑)

原作、読むべきか。
読まざるべきか。
・・・そんな問題じゃ、ないか? f^_^;




そしてまだ明日あさって、公演残ってますのであまり
ネタバレになるよなこと書けませんが~

前回、ZTONさんを観にいったきっかけって、大好きな役者さんの
蜜 比呂人さんが出てらしかたらなんですよね。

で、その蜜サマ。今回も出てらしたのですけど。
難しい役柄やな、とかって素人ながらに勝手に思ったのですけど。。。
キャラ、とか、ないような役ですし。
しかし、見事な存在感でガチッと役にはまってはりました。
モロ、パワー系、はっちゃけ系、目立ち系、勢い系、で、イケイケな
蜜さまは当然かっこいいですが。
今回思った事。
静的な役柄で、でも熱を持っている蜜サマの存在感は、マジで
かっこええな、と思いました^^

次回公演にも出演されるとのことで。
楽しみです♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック