大モテゆんゆん♪

いやはや。。。
どうしても、ちょっとしっかり考えたい、かつ、
とっても大事な考え事があって、またもや
ブログしばらく留守にしてしまいました^^;

その間、書きたいネタはそれなりにあったのですが~

ってことでまたボチボチ書いていきます。
よろしくお願いいたします~m(__)m

ってことで早速記事です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



見よっ、この立派なおなか!
(どどーん)

画像


・・・いやいや、今回の趣旨はそうではなくって f^^;

写真のゆんのおなか、毛が刈ってあるの、わかりますか?
別に、手術した訳でもなく、皮膚病とかで刈った訳でもなく。。。

実は、先日の日曜日、腹部エコーの実習のお手伝い
(はっきり言えば練習台、です)に、行ってきました!


実はその数日前に、前の勤務先の院長から突然電話がありまして。
腹部の毛を刈って、エコー実習に使ってもいい犬猫、居てないか~?
って頼まれまして。。。
まぁ、お世話になった院長の頼まれ事ですし。
それに、実習を私自身見る事が出来るので、
お引き受けさせて頂き♪

で、白羽の矢をたてられたのは。。。ゆんゆん。

はなごんも考えたんですが、はなは、家の中に居ると、
知らない人、お客さんでもそこそこ普通に愛想良くしてられるのに、
家の外に出たとたん、人見知り・ヘタレ全開になっちゃう子なので^^;
講習会なんて、人いっぱいのところに行ったらパニクリまくりまくりに
なるに違いない・・・(=□=;)
それに、やはり後ろ足が悪いので、後肢の保定(注)をされるのを
かなり嫌がるので。。。^^;

その点、ゆんゆんは超~マイペース!
初対面の人でもおかまいなし!なので、
きっとゆんの方が向いてる・・・と思って
ゆんに協力願った訳です♪

で、その判断はやはり正解!
いきなり知らない人になでなでされても大丈夫!
シャーッ!のシャの字もなし!
さすがに2時間半近く、仰向けで保定されておなかぐりぐり
されっぱなしは疲れるし飽きるし、で、ず~っと

にゃごにゃが
うにゃごにゃ
うるにゃら

・・・と、しゃべってましたが^^;
でも、実習者や保定者が変わる時にちょっと
””もうそろそろいやにゃ~””
って小暴れしたくらいで、2時間半、大暴れなしで
頑張ってくれました!(*^-^*)

しかしやはり獣医師、皆動物好きなのか。。。
当日、実習台として来ていた中で、猫はゆん一匹だけだったので
鳴き声が響き渡る。。。すると、実習終えた人たちが

「いい子やねー」
「猫ちゃんでこんだけ我慢できる子珍しいねー」
「べっぴんさんやねー」
「お名前なんて言うの?」
「ゆんさま~ ゆんさま~ 頑張って~」
って口々に声かけに来てくださって、あやしてくださって f^_^;

(やはり、猫はそもそもじっとしてる、抑えられるのが嫌いな子が
 大半なので、なかなか(鎮静などなしで)エコーの実習に
 使えるような子は少ないんですよね・・・^^;)
(なので、実は院長は猫では無麻酔ではキツイと踏んで、鎮静剤を
 用意してくださってたようなのですが、なしでいけました!
 いい子だ!頑張った!ゆんゆん!!←親バカ 笑)

なおかつ、肝臓に”肝門部”ってとこがあるんですが、そこの構造が
(静脈、門脈、総胆管というのがあるんですが)
猫の方が見易い、って事で、他の班で犬で実習をされてた方が、
ゆんが実習台になってるとこへいらっしゃって。
「猫ちゃんって肝門部見易いんですよね?
 もうちょっと頑張ってくれるかなぁ?
 見させてもらってもいいですか?」
てことで、ゆんゆん、正に大モテでした♪(笑)


で、実習を終えて、、、
実は、ゆんに報酬が出ました!
もちろん、人間の為には使いません~。
これはゆんがかせいだお金ですので、エコー検査で
あら~、鎌状間膜(←肝臓近くの膜の名前)の脂肪、
しっかりついてるね~♪と言われてしまったゆんの健康の為に、
ちょっぴりお高い、処方食のダイエットフードを買うのでありました☆


ただ・・・今回誤算だったのが。。。
今回はっきりわかったのですが、どうも、ゆん、
車酔いするみたいで・・・(×~×;)
あげるわ・くだすわ、で、念のため、と思って持って行った
4枚のペットシーツは行きだけで全て使い果たし^^;
車の中はどえらいニオイがたちこめておりました・・・ f^^;


さすがに、食欲大魔神・ゆんゆんも、その日は、晩ご飯は
いつもの8割くらいしか食べず、あとはこんこんと
眠っておりましたとさ☆
(それでも喰ってるところがまさにゆんゆん。。。笑)


ありがとねん、ゆんゆん。
これで、腹部エコーのちょっと得意になった獣医師が
増えたかもしれません。
そして、病気を早期発見したり、病気の原因を追求する事が
一歩進むかもしれません☆
私もええ勉強になりました(^-^)

これに(車酔い)めげず、また協力してね。。。(笑)




(注)保定とは、いろんな処置や、レントゲン・エコーの検査などを
 する時に、患畜が動かないように、また処置がし易いように、
 適切に四肢、身体などを持つ、抑える事を言います~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sacco
2008年02月23日 09:11
ゆんちゃん、すごいですね!うちの子じゃ絶対に無理ですわ・・・だってアラン、病院でおしっこばかりかウン○まで・・・(><)
動物医療も発展しているんですね~。CTとかもありますもんね。
ゆんちゃん、頑張って協力したのに見て欲しくないもの見つかっちゃいましたね^^;
輸血にも協力したてし、エライ猫ちゃんだ!
よねっち
2008年02月24日 22:50
>>saccoさま
アランさんの、病院でものすごい緊張しちゃうんですよね^^; しかし、どちらかというと、それが普通の猫さんの反応のような気がします^^;(笑)ゆんの場合は、本当に、緊張とか警戒心のねじを一本どっかに置き忘れてきたように思えます(爆)
CTなどは、現在では一部の病気にとっては、なくてはならないものになっていますねー。正に日進月歩の世界です。置いて行かれないようにしなければ・・・ f^_^; です。

この記事へのトラックバック