猫のα-リポ酸中毒について

ひっさびさに真面目な仕事関連の記事でございます。

とゆっても、トピックス的なものですけど^^;

先日、休み明けに出勤し、休みの間の診療記録に目を通していると。。。
α-リポ酸中毒で夜間救急に行かれた患者さんのカルテが。


うん?α-リポ酸??



そうです、きっと皆様も聞いた事がある名前だと思います。
昨今、老化を防ぐ!とか、痩せる!とかいうふれこみで流行っている3大成分が
 ・コエンザイムQ10
 ・α-リポ酸
 ・L-カルニチン
で、人間用のサプリメントによ~く入っているようなんですが。
なんだか猫さんが好む匂い?味?がするらしく
(私自身は飲んだ事がないのでよぅわかりませんが^^;)
猫さんが盗食・誤食してしまう、という事故が何例か、
起こっているようです。

これが、人間に対してと同様、猫にとっても”良い作用をするもの”であれば
別に食べてもええんですが。”事故”とは言わんでもええんですが。

ところが!物質に対する反応というのは、”種差”というのがあります。
どうも猫さんは、このα-リポ酸に対して感受性が高いらしく。
盗食・誤食した例の中には、死亡例もあるようです。

もちろん、”感受性””種差”という以前に、人間用のサプリメントですからね。
猫さんにとっては、1錠でも容量的に多すぎるのは当然の事で^^;

人間だって、毎日摂っている塩だって、一気に何キロって食べたら
中毒になる可能性があります。
(・・・かなりうろ覚えな記憶ですが(^-^;))

((「過ぎたるは尚及ばざるがごとし」とは、よう言ったもんですね(^-^)))



恥ずかしながら、2年くらい前から、ぽつぽつ、この
”猫のα-リポ酸中毒”の症例は出ていたようなんですが、
今回の症例のカルテを見るまで、不勉強な事にワタクシ
この事を知りませんでした^^;

まぁ、この成分自体、一般的になってきたのはまだここ2~3年の事ですし、
犬に比べると猫ちゃんは誤食自体が少ないので、あまり例数は
出ていないんだと思われます。
今回の患者さんが行った救急病院でも、初めての症例だ、と
おっしゃっていたようですし。
なので、まだちゃんとした成書には載っていませんし、
詳しい中毒の発生機序なども解明されてはいません。



が。現段階でわかっている事項としては。。。

・症状としてよく見られるのは、異常興奮・流涎(ヨダレ)、
 運動失調(ふらつき)、痙攣などの神経症状。
・低血糖を起こした例もあるようです。
 (α-リポ酸というのは、もともと人間の身体の中にもある、
 糖の代謝に働くものなのです。)
・肝障害を起こす、という記述もみられました。
・中毒量としては、体重1キロあたり、13mgとも、30mgとも、
 60mgとする節も見られました。このあたりはまだまだ未知の
 中毒成分、ということでしょう。

 ただ、人間用のサプリメントでは、1錠あたり、α-リポ酸は
 50mg~100mg含んでいるものが多いようですので、
 体重3~4キロくらいの猫ちゃんなら、1錠飲んでも
 危険はあると考えた方が良いでしょう。

(上述のように、成書にはなっていないので、ネットでひろい読みして
 調べた事を、自分なりにまとめてみたら、こんな感じです^^;)



念のため書いておきますが。。。
α-リポ酸が別に悪者な訳ではありません^^;
元々生体の中にあって、大事な代謝に働いてくれる大切なものです。
人間の医学の範囲では、この成分による糖尿病の治療も
検討されているようです。
結構いろいろな食品(苺やらなんやら。。。)にも微量にですが
含まれているようです。
ま、要は自然界に普通にあるもの、って事ですね。

ただそれが、生成され、ぎゅっ!と凝縮されたサプリメントに
なっちゃうと、猫さんにはちょっと多すぎるのです、ということですね。


猫さんって器用なので。
戸棚や冷蔵庫でも開けちゃう子、いてますからね(^^;

猫さんを飼っていらっしゃる方で、そういったサプリメントを
使ってらっしゃる方は、保管に十分気をつけてくださいね。





**今回の症例の猫ちゃんは、幸いな事に、食べてすぐ後に
かなり吐いていたらしく、あまり吸収しなかったためでしょう、
それと、すぐ救急で点滴などの処置をうけたおかげもあってか、
命はとりとめたとの事です(^-^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

sacco
2008年01月28日 12:56
日記を読んで、勉強になりました!
我が家にもあります。α-リポ酸のサプリ・・・ええ、流行に流されやすいもんですから^^;
我が子らはテーブルからモノを落としまくる良からぬ癖がありますので、気をつけたいと思います。コレに限らずサプリや薬は厳重に保管しないとですね!
よねっち
2008年02月01日 21:51
>>saccoさま
やはり、α-リポ酸のサプリ、持ってらっしゃる方多いですよね~。サプリメントって、いわゆる”薬”ほどには人間も保管に気をつけていない場合が多いみたいなので。。。
本当に、薬同様に気をつけていかないとなー、と思います^^
くう
2008年08月18日 15:04
我が家の猫がサプリメントで変死をしましたがお医者さんに連れて行ってもサプリメントで死なないだろうと相手にしてもらえませんでした。猫を飼っている方で、サプリメントを常飲されてる方は少なくないはずです。もっと飼い主だけでなくサプリメント会社やお医者さんにも警鐘して不幸な死に方を死なないようにできたらと今回痛感しました。貴重な情報をありがとうございました。
よねっち
2008年08月18日 23:20
>>くうさま
初めまして、コメントありがとうございます。

まずは、亡くなった猫さんのご冥福をお祈りいたします。。。
そして、きっと辛い記憶でしょうに、ここにコメント頂きましたこと、感謝いたします。

私自身も、α-リポ酸の中毒について知ったのは、本文に書いたようにまだ今年の事でして。。。猫さんにとって、まだまだ、世の中に、わかっていない危険なものっていうのはたくさんあるかもしれない、と思っています。

このブログ記事を書いたのは、そういった情報を飼い主の皆様に、ちょっとでも注意喚起できれば、とのつもりで書いたものでした。

そして、くうさんの体験も、今現在猫を飼ってらっしゃる方、これから猫を飼う方にとって、とても貴重な体験だと思います。
思い出すのもお辛いかとは思いますが、どうぞ機会がありましたら、その知識、情報を他の方にも伝えてくださいね。

動物の医療関係者の一人として、微力ながら私も、いろんな情報を発信していけたら、と思っております。

コメント、本当にありがとうございました。
ニャン太
2008年10月14日 23:31
このブログで謎が解けました。
うちの病院にもまさしく今、α-リポ酸を誤食した猫が、やってきました。まさしく、書いてあるとおりの症状です。異常興奮と流涎、この子は急性腎不全も起しています。高血糖と高窒素血症、高アンモニア血症です。
かなり危険な状態です。
人間のサプリでこんな事が起こるなんて、とても驚きました。気をつけなくちゃいけないですね。
無事回復してくれることを祈るばかりです。


よねっち
2008年10月15日 00:13
>>ニャン太さま
初めまして、コメントありがとうございます。
うちの病院に。。。ということは、小動物の医療従事者の方なんですね。獣医師の方でしょうか?

やはり、ぽつぽつと起こっているのですね、サプリメントの誤食。。。
こういったことは、なかなか知れ渡らないもの。もっと私たち、動物の医療従事者が世間話のついでにでも、もっと口に出して広めていかないといけないのだなぁ、とつくづく思います。。。

猫ちゃんの容態はいかがでしょうか?腎不全、高アンモニア・・・非常に厳しい状態だと思いますが、人事を尽くして、後は猫ちゃんの生命力を見守るだけですね。。。
無事回復されることを祈っております。

この記事へのトラックバック

  • サプリメントで痩せる

    Excerpt: <p>痩せる方法として、ダイエット用サプリメントを服用する、というものがあります。</p> <p>サプリメントが健康維持に広く愛用されるようになって以来、ダイエット用にもさらに開発されるようになっていますね。</p> <p>サプリ..</p> Weblog: サプリメントの色々な情報,猫のα-リポ酸中毒について racked: 2008-01-27 17:55
  • 痩せるサプリメント

    Excerpt: こんにちは。この度、ダイエット情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 Weblog: 痩せるサプリメント racked: 2008-03-08 15:43