初仕事!~ゆん、供血デビュー~

以前の日記 にも書いた事がありますが、現在、小動物(犬・猫)の医療では、
一般化・体系化された、人医療のような「保存血液」というのはありません。

しかし、輸血が必要な時、ってのは、やはり滅多にないとはいえあるもので。
しかも、重なる時は重なるもので(T_T)

先日から、勤務先にど貧血の猫さんが立て続けに2頭、受診されまして。
どちらも”・・・よくここまで我慢して生きてたね?”っていうくらいの貧血。
それぞれ原因は違うのですが、すぐにでも輸血をしないと
命が消えるかも、というような状況。

で、一人目の患者さんには、院長の自宅の猫さんから輸血を
行ったのですが、その直後にまた二人目の貧血さんが。。。

なんぼなんでも、数日ですぐに大量の血液を採取することはできません。
しかも、その院長宅の猫さん、供血の後、体調をくずしていて。。。(>_<)


で、以前にも、うちのはな使ってください~!と申し出ていた
我が家に出動要請が!


んがっ。
最近、ゆんゆんにごはんを横取りされてるはなごん。。。
体重はかってみたら、3.5kg。
や、痩せとる。。。(-▽-;)
いや、普通に考えたらこれでちょうどいいんですが。
供血はもともと、一般的な規定としては体重4kg以上の子が
採血対象になるくらいなので。やはり体力要るので、
痩せてる時期にはやはりあんまり採りたくない。。。

んじゃゆんは?
ってことで体重測定。3.7kg。
健康状態申し分なし!
(慢性の鼻炎はありますが~ ま、これは持病なので f^^;)
肉付き、十分過ぎるほどに大オッケー!
すごぶる元気!

人間も助け合いなら、猫も助け合い!

ってことで、一回働いてみますか?!
ってことで、今日はゆんと同伴出勤~



で、まずはちょこっと採血して。供血前の検査。
これは、供血する側が、多量に採血しても問題なさそうかどうか、の
評価のため。と、供血に値する、良い質の血液か、という事を評価する為。
の、両方の観点から行います。
(ある意味、供血の対価として、無料で健康診断してもらえる、みたいなモンですわ♪)

結果、うちの子ってなんて健康・なんて優秀・供血向きなの
っていうくらい、濃いぃ血!生化学検査もいたって問題なし!


って事で、いざ供血!
画像

こんな風に、首の部分の毛を刈って、頸静脈から採血します。

すると・・・
おぉぉぉ~っ!
ゆんゆん、はなごんより、採血しやすい
かなりスムーズにいったので、麻酔時間も短くてすみました♪

麻酔覚める前に点滴もすませて♪
麻酔覚めも至ってスムーズ♪

仕事あがる頃には、すっかりしゃっきりして、報酬(?)の
高栄養の缶詰とともに帰宅~。


画像

この写真は帰宅直後のゆんゆんです。
至って普通です f^^;

なんか台詞をつけるとしたら
「・・・アタシおなかすいたんだけどぉ~・・・」
でしょうか(笑)


夜9時頃になってから看護士さんがメールをくれたのですが、
輸血した猫さんは、じぃ~っとしてて、ご機嫌ずっと悪かったのが、
輸血終わってから、ゴロゴロ喉をならしながら毛繕いし始めたようで、
効果が出ているみたいで、ゆん、頑張った甲斐がありました(^-^)b


そして、いつもならまだこの時間、おもちゃであそんでくれ~!っと
走ってるゆんですが、さすがに今日は疲れたのか、晩ご飯を
がっつり食べて、ちょこっと遊んだら(←それでも遊ぶんですから、
たいしたもんです^^;)今は熟睡です^^


ゆんゆん、ありがとね♪
あなたのおかげで猫さんが一人、ちょっぴり楽になりましたよ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タオルン
2007年10月17日 21:04
ゆんちゃん、お疲れ様でした。 はなごんちゃんといい、ゆんちゃんといい、よねっちさんちの猫さん達は、すこぶる健康体の様で、なによりです。 体力あるからこそ、あの環境を乗り越えたんでしょうね。
どこの猫さんも健康で過ごして欲しいです。貧血の猫さんたちも、院長先生宅の猫さんも、早く元気になってね。
お聞きするんですが、水素水って猫さんの体に良いのですか?
 
よねっち
2007年10月18日 21:17
>>タオルンさま
貧血の猫さん、一人目は元気に退院していきました~。二人目も、輸血した後からまぁまぁの調子で、退院も視野に入れつつ経過みてるところです^^
そして”水素水”ですか。。。えーっとスミマセン、正直ちょっとわからないです f^^; ネットで検索かけて探してみたんですが・・・どうなんでしょう。。。あまり、今の段階では科学的な根拠があるものではないのかな?という印象でした f^^; 本当に、売りにあるように””活性化した水素が安定して水の中に存在して、それが尚かつ活性酸素(←癌の原因になるといわれてるヤツですね)を取り除く作用がある””のなら、猫のみならず身体にいいんだろう、と思いますが、どうもその”活性化した水素”が本当に水の中に(安定して)存在できてるのか、っていうのは調べた記事では、どうもまだ科学的に立証されてはないような。。。 f^^;
よねっち
2007年10月18日 21:19
(続きです)だとしたら、一応”科学者”たらんとする観点から言えば、飲んでも悪くはないだろうけど、それで絶対効果あります!とは言い難い。。。って感じでしょうか^^; なんせ”酸素水”などは最近よく聞きますが、”水素水”って初耳だったので歯切れの悪いお返事でごめんなさいm(__)m
あ、ちなみに、飲み水関連で言うと、高いから犬猫さんにもいいはず!とミネラルウォーターを飲ませてらっしゃる方がちょこちょこ居られますが、尿石症などの子では病状を悪化させる原因になりかねないので、これは止めて頂いた方がええですね^^;  長くなりました、すみません^^;

この記事へのトラックバック