劇団ZTON「阿修羅乃華」観劇。

画像


まず一言で全体の感想を言うと。

ちょっとびっくりするくらいに良かった。ですo(^-^)o


京都中心に活動してらっしゃる、素敵な演劇人さんの
蜜比呂人サマが劇団ZTONさんというとこの公演に出演されるとの情報を
ブログでゲットし。本日、京都まで行って参りました♪

このZTONさんという劇団さん。
名前はちらっと聞いたことはあったのですが、拝見するのは初めて。
事前にHPも見させて頂いたら、結構若い方中心で、まだ立ち上げてから
そんなに年数は経っていなさそう。

しかしその蜜サマが。ご自身のブログで 今回の芝居はいいです!
って書いてらしたので、それなりに期待して行ったんですが。。。

いやはや、期待よりもずぅぅっと良かったです。
良かったっていうと語弊があるでしょうか?
演劇の技術的なコトなんて、私にはわからないし。
とっても私的には感動できるお芝居だった、って方がいい表現かなぁ?

もう、大楽の公演も終わってるはずなので、ちょこっとなら
ネタバレしてもええでしょうか?(笑)

まず舞台。
一面の障子張りと、印象的な照明。とっても素敵でしたよ。
お衣装も皆様とってもとっても素敵でしたよ。
蜜サマ似合いすぎ♪でした (^-^)
そして、殺陣も結構入っているお芝居だったんですが、
そこでの効果音がうるさすぎない。
刀の音・・・太刀音っていうんでしょうか?
まったくないのも何ですが、殺陣がメインでないシーンでも
これでもかっ!ていうくらい入ってると、ちょっとうるさく感じる時があります。
(あくまで個人的な好みですが f^^;)
しかも、それがずれていたりすると、かえって興ざめなんですよね^^;
(あくまで個人的な好みですが f^^;)
それが、ここの殺陣がメイン!ってとこだけ、きちんと入れられてるように
感じられました。
それと、同じく音響なんですが、台詞とかぶるところの音量の抑え方が
ものっすごい気持ちよかったです。
これまた個人的な好みで、台詞を聞き逃す・聴き取れないのが
とっても嫌い(悲しいから~>_<)なので、今日の音響さんの
やり方はものすごい気持ちよかったです!!(^-^)


・・・ってまぁ、この変は細かいことといえばそうなんですが f^^;



でも、その細かい事々によく現れているように、今日拝見した「阿修羅乃華」。

本当に、全般通してよっく練られて、洗練されて、
”無駄がまったくない”お芝居だと感じました。


こういったお芝居ってどうしても時間が限られてるものですし、
ストーリーや場面転換にちょっと違和感があったり、ちょこっと強引やったなぁ^^;
とか思うことはままあり、仕方のないもんだと思うことも多々あるんですが
今日はそれをまったく感じませんでした。

台詞においても、特別難しい言葉や言い回しを使うわけではないんですが、
その役がいわんとしている内容は、まっすぐこっちに向かってくる。
そのストレートさが、ストーリーの整合性と相まって、結果、
それぞれの役の気持ちとか思いが伝わってくる。
で、そういったバックグラウンドのある上での殺陣なので、
殺陣がそこそこ多くても五月蠅くもないし、かえって重みがあって素敵。


かといって。
そんだけ、いらないものを削って、無駄をなくして、って洗練すると。
いかんせん”熱さ”とか”勢い”って無くなってってしまいそうに思うんですが。
そういった大事なものは、ずっしり中心に存在していました。

いやーホントに、あれだけ整理整頓、洗練しつつ、熱さをもったものって
創れるのね、ってそう思いましたですよ。


ちょっと本当に”予想外デス”なくらいに良かったので、なんだかつらつら
長々と書いてしまいましたが、要は良かった!ってことです(笑)


だって、一人で行ってたのに、普通に涙しましたもん。(マジ。)
だって、次回公演のDMもらえるように、アンケートに珍しく
本名、住所、書き込んでかえりましたもん。

そんくらい、次回も是非!と思えた公演でした♪



しかし蜜さま、田村さまかっこよかったわー。
蜜さま、ブログに書いてらした小物・ピアス、ほんま着物に素敵でした♪
そして、私が一番ウルっときたのは、ヒロインのシーンではなく、
田村さま演じる紫鶴のシーンだったんですよね。。。
やっぱ私はキャラ的には共感できるのはそういう系か。。。(笑)
田村さま、素敵すぎましたよ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蜜 ひろじん。
2007年08月28日 05:32
ご観劇、ありがとうございました!

劇団ZTON、気に入っていただけたようで。
ホンマにヨカッタです。

「芝居って構成力だと思うんですよ」

ってハッキリ言い切っている演出家の河瀬くんのもとに若い力が結集してて、ホントにキモチのヨイ劇団で。

そういう劇団の少しでもチカラになれたらなぁって思って。
なんだか最近はそういうスタンスになってます。

っていうか、若い頃のショウダウンの空気に似てるんですよね。
っていうかショウダウンを観て育った子達で。

だから、なんだかほっとけないっていうか、そんな劇団デス。

また、ひょっとしたら、出るかも知れませんので、その折には、是非とも。


そしていつもステキなモノ頂き、ありがとうございます!


よねっち
2007年08月30日 20:50
>>蜜さま
コメント、ありがとうございます!
いやホントに素敵でしたよ、蜜さまも、劇団さんそのものも。若い頃のSHOWDOWN・・・に、似てるんですかねぇ?? 演劇は見る側からしかの目しか持っていないので、そのへんはよぅはわかりませんが ^^;
でも、素敵な劇団さんだな、と。また見たいな、と思ったのは間違いないです。^^
またZTONさんに出られる蜜さまが見れたら、ええなぁと思っています^^
お疲れ様でした!

この記事へのトラックバック