カフェレストランにて観劇。

現在、劇団SHOWDOWNの主宰をしており、
まぁ気がつけば10数年の古い友人でもあるN氏。

そのN氏、今はすっかり脚本やらの仕事が多いようなのですが、
とある劇団さんの公演に客演に行くとの情報があり。
しかもそれがうちの自宅から近いってことで、先日
行って参りました♪



演目は”男爵夫人の鳩紅玉(ピジョン・ブラッド)”
劇団P.T企画さんのプロデュースで、
”ミステリー名作選 vol.18”だそうな。

場所はCafe Restaurant Girasole。
チケットの料金に既にワンドリンクと、軽食が含まれていて、
まぁ軽くつまんで飲んでもらいながら、観劇を。。。という素敵な企画。


ただ、おもしろいのが単に”観る”だけでなく、観客参加型っていうんですか?!
目の前で事件が起こる。
観客も、その場に居合わせる”当事者”の一人。
役者さんから突然話しかけられたりもする(笑)

そして、前半(事件編、とでもいいますか?)の後、観客にも犯人を
推理してもらって、紙に書いて提出してもらう。
そして、後半の解決編。謎解きが役者さんによって、演じられる。


・・・まぁ、こう字で書いてしまうと、
なんだ、そんなのって結構ありがちでもないの?
とも思われそうですが。。。

なんのなんの。
実際にその場に居合わせると、思っていたよりかなり楽しかったです^^

そして犯人捜しに正解すると、お土産つきでした♪
画像


ちゃぁんと演目にひっかけて、鳩の形のクッキー。
しかも、目は赤くなっています。

ピジョン・ブラッドというのは直訳すると”鳩の血”
最高級の、深紅の色を持ったルビーを、こう呼ぶのですよね♪




ホールに入って、音響どっかーん、照明バチバチ、大道具小道具バリバリで
観るお芝居はそりゃおもしろいですが、こういうのもたまにはいいなぁ、
また機会があれば行きたいなぁ、と思いました(^-^)b



しかし、そのN氏。
ちょっと癖のある役とか、怪しい役とか、精神的に怖い役とか
演らせたら、私の中では結構ピカイチなんですが
(あ、けなしてるんではないですよー、ほめてるんですよー、役者さんとして~笑)
今回の役もよかったですね~。楽しそうにやってはりました。

どうしても、制作側、プロデュース側になることが多いのだと思いますが、
たまにはやっぱりガッツリ役者の姿をこうして見たいもんだなぁ、と
思いましたね^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック