劇団HOMURA 第弐回公演「慚愧」観てきました。

ブログのタイトルを打つのに「慚愧」が一発で変換されて
ちょっとびっくりしましたワタクシでした f^^;

そして今辞典引いて、ちゃんとした意味を知りました。。。
(おぼろげにしかわかっていなかった f^^;)

慚愧(する):
   取り返しのつかないことをしたと強く悔やむとともに、自ら恥じること。

だそうです。
公演観る前に見ておけばよかった。。。
さすればもうちと見方違ったかも?



ってことで。
ちょうどクリスマスの頃に旗揚げ公演を観た劇団HOMURA。
それが結構おもしろかったので、また観たいなー、と思っていたんですが。

ここにリンクも貼らせて頂いてる、京都の素敵な役者さん・蜜サマのブログを
見ていたら、蜜さまがその第二回公演に出演されるとのコトではないですか!

したらば当然観にいかねばねー、ということで、京都まで行ってまいりました。
画像


本日の会場は、京都大学西部講堂・・・ってそれ、どこっすか?!(笑)
ネットで会場の地図と乗り換え案内の情報をgetし、いざ京都へ。

ついてみれば。
本日のお芝居にはうってつけかと思われる、渋い建物でございました^^
思わず写真をとってしまいましたよ(笑)
画像




そして、演劇素人が僭越ながら感想ですが~。

とりあえず蜜様はそりゃもうかっこよかったですよ。ええ当然(笑)
ご自身のブログで”体力が。。。”というように書いておられましたが
全然そんなの気になるところはなく。殺陣の中・後の台詞でも
聞きづらいとか皆無でしたし。
そしてキャラ(役柄)的にも、なんだかはまり役のような気が。。。f^^;
こういう思い込みとかって、いろんな役を演じていかねばならない
役者さんにとっては迷惑なのかもしれませんが、やはり蜜様に
ああいう役ってドンピシャ(死語?)だなー、と。

ああいうキャラを演じる蜜様が好きなのか。
蜜様が演じるああいうキャラが好きなのか。謎。(笑)


して、お芝居全体の感想ですが。。。
終盤、話の核心や各キャラの思いとかが明らかに前に出てきてからは
かなり引き込まれました。
しかし、冒頭・前半にもっと、ストーリーの深い部分とか、バックグラウンドを
ちりばめてほしかったなー、という気はします。
お芝居全体としてシリアス・シビア系だと思いますし、題材自体はとても
深いものだと思うし、お芝居として割と長い方(2時間以上ありましたか?)
だと思うので、もちょっとストーリーを追いたかった気がします。

キャラのバックグラウンドを見たいなー、というのは旗揚げ公演の時にも
思ったコトなんですが。。。

殺陣が今回のこのお芝居の見せ所だとは思うのですが。
私的には、コメディ系のドタバタは理屈も理由もあんまりなくても
受け入れられるんですよね。
ただ、殺陣とか”戦う”ってことは、命を賭するということ。
お芝居の中で、それに値する”理由”が欲しいなぁ、と思ってしまうのですよね。
その”理由”があればこそ、殺陣がもっとかっこよく見えるような気がして。
・・・まぁ、素人考えなんですが f^^;

しかしその殺陣はさすがなかっこよさでした~☆
何故役者の皆様はあんな大立ち回りの後で普通に台詞が言えるんでしょうね~。
すごい身体能力ですな^^;
あ、そういえば、今日のお芝居。台詞のとちりがほとんどなかったように思います。
今思い返しても、1カ所、それもほんの微々たる言いよどみ、くらいしか
思い当たらない。。。すごいことですね^^
惜しむらくは、そういう情緒あふれる会場で、しかも奥行きがかなりあったみたいで、
それだからこそできる演出もありましたが、いかんせん、役者さんが後ろ向いて
言う台詞が、その奥の空間に吸い込まれるようで、ちょっと聞き取りにくかったのは
残念でした。

役者さんも素敵な方々ばかりでした♪
蜜さまは当然ですが。
SHOWDOWNの「撃鉄の子守歌」にも出てらしたESさん。
やはり存在感がすごい!
久々に舞台に帰ってこられたMJさん。やはりこの人の身体能力は
半端じゃないですね ^^; ブランクがあるようには見えない身のこなしでした。
そしてTIさん。今回の役も素敵でしたが~。私はあなたの殺陣が好きです♪


とまぁ長々と書きましたが、2時間しっかり楽しませて頂きました。
映像・エンドロールが流れる直前、刀十朗と葵が桜の方へ
歩いていくシーンはめっちゃ素敵でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蜜 ひろじん。
2007年05月30日 17:05
ご来場、誠にありがとうございました!
めっさ遠いトコロにまで足をお運びいただき、感謝の極みデス!

ドンピシャ!(笑)

フフ。なんかこそばゆいデス。
我ながら、ああ、こういう役ができっからまだ芝居続けてんのかしらなんて思いマス。

ですね。殺陣。
よねっちさんが感じているコトは至極当然だと思います。
演出家の忍くんがそういう『絵』を芝居の中に織り込みたい、ってのがあったんでああいう感じになりましたが。
殺陣ってホントにシビアに作らなきゃなあって思うのです。

みんな若干別モノとしてやってるトコロがあるので。
特によく動くMJさんとか・・・なんつって。

いや、でも貴重な意見デス。ホントに。ありがとうございます。
お互いに表現者としてですね。
やっぱよねっちさんは見るところが違うななんて思ったりするワケです。


改めて。
ご来場ありがとうございました。
そして健康的なゼリ達と相反するキャスタマ達。
いい感じで相殺的で。

また、何かの機会で出逢うコトを楽しみにしております!


よねっち
2007年05月30日 22:29
>>蜜さま
公演、お疲れ様でした!
そして書き込みありがとうございます。
差し入れは、自分でも矛盾するセレクトだなーとか思いつつ f^^; まぁ、タバコは精神の栄養剤、飲むゼリーたちは身体の栄養剤ってことで(笑)

私は表現者。。。って言えるアレではないですし f^^;  演劇に関しても素人なので、意見というよりはホントに感想とか希望、って感じですが(笑)

また是非観にいきますので(^-^)/ 出演される舞台がきまったら、またブログで告知してくださいね♪

この記事へのトラックバック