郵便局での、ちょっとした疑問。

本日、仕事帰りに。おつかいをば、頼まれまして。
郵便局の本局に行って、料金別納郵便で、DMを
約1,000枚出す、ってモノ。
そのハガキを作ってくれたスタッフ曰く
「多分、1,013枚のはずです~」とのコト。

で、郵便局行って。

こんな大量の郵送物を送るのは初めてでして。
あの~、お札数える機械ってあるじゃないですか?
ワタクシ、てっきり、そういうモノで枚数数えるんだと思ってたら。

そうじゃないんですね f^^;
きっと官製はがきの重さが目安になってるんだと思いますが、
局員さん、おもむろに全体の重さを量り・・・

「500枚くらいですか?」
「えっ、いえ、1000枚ちょっとあるハズなんですけど・・・」
「えっ、おかしいですねー」

え、いやだって、紙の材質が違うんだから(私が持っていったやつはあきらかに
市販のハガキより薄い・・)重さで比べてもイミないんではっ?!(-□-;)
って思ってたら、今度は官製はがき(1,000枚)の束と
”積み上げた高さ”を比べて
「ホラ、全然違いますよね?」

え、だから・・・--;

思わず、
「何枚か数えてみて、その重さと全体の重さと比べたら・・・」
ってゆってみたんですよね。

したらば。100枚数えてくれて、重さ量って、全体の重さと比較して。。。
「あれ、ホントに1,000枚くらいありそうですね。」

そして。全体の重さを100枚の重さで割って、枚数換算してくれるかと思いきや。
「えっとー、じゃ、1,300枚でしたっけ?え?1,013枚?」

おいおい~、今量ったのって、何なんさ~。
客観的データから枚数数えるとか、そういう発想はないのかぁっ?!

・・・ちょっとあきれてしまいました(^-^;)


結局、1,013枚分の料金を支払ったんですが、最初に
「500枚くらいですか?」って言われた時に、
「はい、550枚です~」とかって素知らぬ顔をして申し出たら
それで通っちゃいそうな雰囲気でした。

まー私はバカ正直な方なので、そんなこたぁしませんけど。

しかし、もうちょっときっちり”仕事”した方がいいんでないの?!
と思ってしまいました。。。

郵便物くらいなら、そう大きな問題にもならないのかもしれませんが、
窓口は違っても、仮にも”郵便貯金”ってぇお金をも扱う機関なんですよ?
ちょっとどんぶり勘定すぎるのでは・・・(汗)と思った出来事でありました。


ちなみに、ダンナに帰ってからこの話をすると、局によってはちゃんと
枚数を数えたり(人力で!)するらしいですし、場所にもよるのかも
しれませんが。。。

今日私の郵便物を扱ってくださった方。
失礼ながら、あんまりにもどんぶり~、なので名札をチラっと見たのですが。

「主任」サンでした。

・・・もうちっと、しっかりしてください(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック