演劇制作ユニット「ジラフスタイル」公演 『夢喰い館の奇跡』観劇。

常連化して、毎回見に行ってるSHOWSOWNの公演ではないんですが。
そのSHOWDOWNの主催であり、私の旧友?悪友?のナツメ氏が
脚本を手がけた作品の公演が他団体において行われる、ってことで。
しかも、場所が新神戸オリエンタルホテルの中の劇場。
って、めっちゃ立派なとこやんっ!

まーヤツの作品はできるだけ見たいなぁ、とは思っていますし。
そんな大きい劇場でやるってのも、珍しい事と思いますし。

ということで、はるばる神戸まで、行って参りました。


ホールは。そりゃもう立派でした~♪
広々で。椅子もフカフカで。
・・・しかし、お芝居を見て行くうちに、うちはいわゆる
”芝居小屋”とでも言うような、小さいホールの方が好きなのかも、
とか思ってしまったり(笑)

まぁそれはさておき。
お芝居自体ですが。


んーとね。ストーリーの”結末”自体は、WEBで公開されていた
”予告編”を見た時点で想像がついていたものとドンピシャだったので
(すまん、ナツメ(笑)やはり、私の嗜好性や発想はキミと似ているらしい^^;)
”どんでん返し”的なびっくりはなかったのですが、しかし
ストーリーの魅せ方自体はやはり大変面白かったですね^^

内容の彫り込み具合が結構深くて。場面がどんどん切り替わるような
お芝居ではなく、どちらかというと”閉鎖空間”でのお芝居だったと
思うのですが、飽きずに最後まで観れました^^

ただ惜しかったのは、制作ブログで拝見したところ、結構間際になって
公演時間の都合でシーンや台詞を削らないとアカン面があったようで。
その為か。序盤、ストーリーの導入部分とも言えるところで、独り語りの
様なところがあるんですが、そこの部分でのセリフのミスはちょっと
痛かったかも。そのままごまかしちゃってもストーリーは通ったと思うので、
敢えて言いなおさない方が気にならなかったかも、と思いました。

それから、もひとつは音響。
セリフのある所では音量をぐっと押さえておられて、とっても良かったのですが、
所によってはセリフの合間の音量を上げすぎていて、その間のセリフが
かすんじゃったところがありました。
やっぱり人間の耳って、大音量聞いた後には、急な音量の変化には鈍く
なっちゃいますからね(^_^;) それと、演出上も兼ねて、手持ちのマイクを
使うシーンがあったのですが、どうしても動きながらしゃべる事になるので、
指向性の強いマイクだと、ちょっと向きがそれると声を拾ってくれなく
なっちゃうようで、セリフが途切れ途切れに聞こえちゃったのは残念。


しかし、公演後にナツメから聞いたのですが、ナント本日の役者さん、
皆さんこれが初舞台とのこと!
それを鑑みると、十分素晴らしい舞台だったのでは、と思います。

特に気になった役者さんが。
”ポル”役の後藤さんという方。
SHOWDOWNのゆーみんさんを思い出させる、きびきびとした動き、
ダンス、はりのある声。いやもう初舞台なんって信じられない!
それから、”歯科医”役の徳原さんという方。
役柄もあるのでしょうが。。。同じくSDのウメさんを思い出させる、
味のあるセリフの言い回し。おもしろかったです♪

てことで、1時間半、楽しませて頂きました♪
役者様、関係者皆様、お疲れ様でしたm(__)m


今月末には、かなり前からずぅぅっと楽しみにしている、
SHOWDOWNとThe Rabbit Gang Troupeさんのコラボの舞台も
あるんですよね~。あぁ、待ち遠しい(笑)


そうそう。ナツメ。手ぇ、お大事にね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック