ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS Liveイベント”PA・NO・RA・MA!!”に行ってきました。

<<   作成日時 : 2006/07/24 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

てことで、昨日。
こちらのブログにも時々コメント頂きます、Yellow松井様が
バンマスをなさってる「FUNK LOVE」さん主催のLiveに
行って参りました。
ホールは心斎橋のFAN-J。
ワタクシ、行くまでってきり”FAN-J twice”だと思ってて(笑)
一人で行ってたら危うく路頭に迷うところでした(笑)

で、ちょうど5時前に到着。
この日の出演は計5バンド。
着席してほどなく、1バンド目さんがスタンバイ。

で、ね。
だいたいこういうイベントの1バンド目って、前座的というか、
まだ組んで間もないバンドさんとか、軽い目のステージを
やってもらう、って事が多いじゃないですか?
メンバー皆さん、大学生くらいかな?ってお若い感じでしたし。
どんな音楽やりはるんかなー、って。

っと思ってのんびり座っていたら。

っんなんだこりゃっ!

う。上手すぎる・・・
てかカッコ良すぎる・・・

正直、かなーり衝撃受けました。
こちらが↓その「Apple Jack」さん。
(その後あんまり聞き惚れていてお写真この一枚しか撮れてません^o^;)
画像

写真にはGさんとA.Saxさんしか写っていませんが、構成はG・B・Dr・keyそしてAs。
ジャンルとしてはfusion?になるんでしょうか?
fusionとかって、歌やノリでごまかしが効かず。ホンットに”腕”がないと
なかなか聴かせられないモンだと思うのですが、いやはや。
このバンドさん、本当に上手かった!聞き入りました。。。

私の乏しい音楽知識では、DIMENSIONとかのような印象を受けました。
そしてAsさんは、そのDIMENSIONの勝田さんのようなイメージ。

全体にリズムがかちーんと締まっていて。流れない。
聴いていて”あぁ、こういうの、こういうノリを”グルーヴ”って言うんだろうな”
って思わず勉強させて頂いた演奏でした。
Guitarさんがリーダーらしいのですが、その音色がまた素晴らしい。
そしてsax吹きのはしくれである私がやっぱり釘付けになってしまったのは
そのAlto sax吹きさん!もぉう素晴らしい音色。音圧があって、音色に艶もあって。
そして技術も素晴らしい〜。とっても早いパッセージもものともせず。
ややっこし〜いリズムのGuitarとのユニゾンもぴったし!
ため息が出ました・・・
唯一一カ所だけ、Gとのユニゾンでピッチがずれたところがあったのですが、
(Asがかなり高音・・・てかフラジオ音域かな?)それもGの方が一瞬で
すっ、と合わせはって。ぅあー、素晴らしい耳してはるなぁ、と。
もう感服いたすばかりでした・・・(^^;)

だいたいLive見に行ったら、その日にこういう記事書いちゃうのですが。
昨日書かなかったのは、今日朝早く出かける予定があった、って事も
あったのですが。それにも増して。
実は、この「Apple Jack」さんがどんなメンバーさんなのか、今後の
Liveも是非見たいし、って思ってネットであれこれ検索しまくってた
からなんですね(^-^;)
しかし結局見つからず・・・
どなたかご存知でしたら是非情報くださいませ。
ってくらい惚れました♪  



さてさて、その感動おさまり切らぬうちに、2バンド目。
「Mo-man-Ty」さん。
実は、今回楽しみにしていたバンドの一つだったんですね。
なんでかというと。
今私がはまっている、maceoさんの曲を中心にやってはる、との事。
しかも、フロントのhorns3人さんは、OBCでお世話になった方々。
3人とも、OBCでバリバリsoloとってはる方々ですし、その上手さは
よ〜っく知ってるので、そりゃ期待もする、ってモンです♪
こちら↓が、そのMo-man-Ty hornsの3名サマ。
画像

しかし・・・ちょっと不完全燃焼・・・・・でした、残念ながら。
いや、hornsの3人さん、ホンット上手いんですよ?
soloなんかだと、やっぱしおぉ〜っ!って思う。
しかし、肝心のイントロが、テーマが。
明らかに合っていない・・・
全体のノリも、同様、かな。

maceoさんの曲って、soloはそりゃぁどエライ事をしてはりますが、
テーマとかは至ってシンプルだと思うんですよね、たいていの曲は。
でも、だからこそ、その中であのノリを出すのが至難の業というか、
そこが大事なとこなんだろうと思うのですが。

バンド全体、曲全体とおしてノリが伝わってこないというか、
こなれていないというか。
自分のこれまでのLiveの経験通して、そういやこんな雰囲気
あったよなぁ、と思い当たる記憶もあり。
まだ結成されて期間も長くないということで、曲を通している
回数・時間がどうしても足りてないんだろうなぁ、と
思いました。

今回が初Liveだったということで、また今度聴く機会に
どう変わっているかを、楽しみにしたいと思います。
あんなhorns、集めようったってなかなか集まらないと思います。
それを擁しているのに、これじゃ勿体なさすぎますもんね(^^;)

↓Mo-man-Ty、A.saxのさちさんです。
画像
soloは気ぃはいてましたね。カッコよかったっす♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
雨の中、御来場いただき、ありがとうございました。ご指摘の通りでございます。バンマスとして何をすべきかを痛感したライヴでした。これに懲りずにMo man Tyの成長を見届けていただけるよう、次回ライヴでも辛口のコメントをお願いいたしますm(__)m
元・骨折男
2006/07/25 00:44
>>元・骨折男様
先日はお疲れさまでした。
えー・・・<次回ライヴでも辛口のコメント>と書いておられますが・・・私自身は決して辛口のコメントを書きたい訳ではありません。どっちかというと、あまりそういう風には書かないようにしたいなぁ、と思っている方です。なので、難点を挙げる時には(今回もそうしていますが)かならず良い点も挙げるように、そういう心遣いはするようにしておるつもりです。
バンドマンのはしくれとして、自分にも苦いLiveの経験はありますし、そういう時にこっぴどく評された時のしんどさも自分なりにはわかってるつもりで居りますから。
ただ、今回の記事は確かに”辛口”と受け取られる内容になってるかもしれません。あんまり書きたくないと思っているにも関わらず、そういう内容を書くのは、やはりそれなりに理由があるからなんですよ。

今回は、ただもう、悔しかったんです。
正直、めちゃめちゃ悔しくて、悔しくて。

よねっち
2006/07/25 16:08
hornsの3人さんは、同じバンドに居ながら、私にとっては尊敬もしていた管吹きさん達。Yさんに関しては、OBCのLiveで大きいsoloをとらはる時は、連れのTb吹きに「絶対に一度聴いておいて損はないから見においで」と何度かゆったこともあります。
そう、自信を持って言えるくらいのplayerさんだと思っています。後のお二人も、同じ様に素晴らしいと思っています。それが、その良さが、全然観客に伝わっていなかった。それがもう、我が事のように、悔しくて。こんなもんじゃない、この人たちのポテンシャルは全然こんなもんじゃない、と。

本文にも書きましたが、そんなメンバーのバンド、組もうったってなかなか組めないのが普通だと思います。それなのに、その良さが出てないのだから、なおのこと悔しい。

まぁ、そんな風な思いがあったので、酷評ととられようとも、思った事を書かせて頂きました。

よねっち
2006/07/25 16:10
ご自身のブログに、素直に受け取れない評価が多い、というように書かれておりましたが。受け取るか受け取らないか。どの様に受け止めるか。は、ご自由だと思います。
ただ、お知り合いの方に”何か思ってるからこそ評価してるんじゃないのか”と言われた、と書いておられましたね。あぁ、ちゃんとそう思ってわかってくださる方も居られるんだ、と、それを読んでちょっとほっとしました。
人のブログなどにちゃちゃっと書くだけなら、ちゃかしでもお愛想でも荒らしでもできますよ、簡単に。そんなんではなく、伝えたい”気持ち”や”思い”があるからこそ、こんな写真までつけて、長文をえっちらおっちら書いて、自分とこのブログの記事にしてるのです。昨日のLiveの記事に関しては、たぶんtotal2時間くらいかけて書いています。うち、半分くらいは、Mo-man-Tyさんの記事にかけていたと思います。やはり失礼な事は書きたくない、でも伝えたいことはちゃんと書きたい。ですから、文章も何度も何度も読み返して、書き直して。

よねっち
2006/07/25 16:10
”酷評”ととられる中にも、そういう思いがあるんだということだけは、ちゃんとご理解頂きたいと思います。

そしてもしご理解頂けるのなら”次回も辛口のコメントを・・”などと書くのではなくて。辛口のコメントなど必要のないようなLiveを見せてください。それだけです。

次のLiveに伺えるかどうかはわかりませんが。
またそのうち必ず見に行きたいとは思っておりますので。
あの素晴らしいhornsを堪能できるliveを楽しみにしています。
よねっち
2006/07/25 16:11
よねっちさま、熱い熱い想いのこもったコメントありがとうございます。先のコメントを書いた俺はある人からの言葉をいただく前の状態でした。ホーン以外も素晴らしいメンバーを活かしきれない情けないバンマスでした。次回はしっかり楽しんでいただけるよう、しっかり準備して臨みますので、必ず御来場いただき、熱いMo man Tyのライヴ評を書いていただきたいと思います。ありがとうございました。
元・骨折男
2006/07/25 20:45
Mo Man Tyのライブの事、率直な意見ありがとうございました。私自身練習不足と、余裕のなさがモロに出たライブだったと思いました。ライブなんてそんなに甘いもんじゃない…と深く反省し、素直な感想を述べてくれたよねっちさんに感謝してます。一つ一つのライブ、一曲一曲を大切に演奏していけるように精進していきますm(__)m
さち
2006/07/25 20:48
>>元・骨折男様
先のコメントに書いた通り次回のLiveに”必ず”行けるかどうかはわかりませんので。皆それぞれ都合もありますよね?

>>さちさん
Liveお疲れ様でした!
Liveの感想自体にはちょっとキツい事も書きましたが、さちさんの気迫はよく伝わってきましたよ^^ soloの勢いはやっぱり素晴らしかったです。あの後も別のバンドのLiveだったんですよね?疲れはったでしょー、ホントお疲れ様でした。
うちも仕事も自分のバンドもあるので、なかなか頻繁にはLiveに行けないですが、また都合が合えば他のバンドでのさちさんも見てみたいので、また告知でもしてくださいね^^
よねっち
2006/07/25 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
Liveイベント”PA・NO・RA・MA!!”に行ってきました。 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる