劇団「飛び道具」観劇。

本日、劇団飛び道具さんの『三銃士』を見て参りました。
画像

こちらの劇団さんのお芝居を観るのは今回初めて。
ていうか、ワタクシ、SHOW DOWNのお芝居を見に行くようになってから
他の劇団さんのお芝居を(たぶん)まったく観ていない事に気付きました(^-^;)

きっかけは、ここのブログにリンクも貼らせて頂いております、
freeの役者さん、蜜比呂人さんが出演されるということで。

freeになられてからこれまでに、既に舞台を踏んでおられるのですが、
なかなか時間がとれなくて。。。やっと本日、舞台に立ってらっしゃるお姿を
久しぶりに観る事ができました♪

で、三銃士。
そう、有名なあの三銃士のお話です。
といっても、私あまり詳しくは知りません(^-^;)(笑)
元々歴史モノの話はわりと苦手な方で・・・本で読んだりとかしてないですし。
映画を、ちらーっとさらーっと観た程度でしょうか?
しかしストーリーを多少は頭に入れておいた方がよさげかな、と思って
HPに掲載されてたあらすじはチェックして京都に赴きました。

公演時間は1時間45分ってゆってはったかな?
1本の公演としては長い方に入るかもしれませんが、さほど
長い、しんどいと感じる事はなく、楽しませて頂きました♪

ん~、だけれども。
ちょっと私にとっては不完全燃焼な感じだったかもしれません。

一つには私がそういった歴史モノにあんまり強くない、ってのがあると
思うんですが(^-^;)  元々かなり壮大なスケールのお話だと思うのですが
それを凝縮してあるので、ちょっと物語の流れが(特に前半で)
うまくつながっていないような印象を受けました。
しかしこれはきっと、三銃士のお話をよく知ってらっしゃる方なら、きっと
そんな事ないんだろうなー、と思います。もうちょっと予習していけば
良かったなー、と思いました(^-^;)

それから、これは珍しい試みかな?と思ったんですが、舞台にJazzの
vocalさんが出演者の一人として(台詞はないんですが)乗ってらして、
要所要所で歌いはる、という演出(になるのかな?)がありました。
もうそれはそれは素敵な歌声で。完全なるア・カペラであれだけ
歌えはるって、ホントすごい!感動~。
・・・なんだけど。なんだか、その存在と舞台そのものとの距離感が
なんだか中途半端に感じてしまいました。。。
冒頭部分は、このvocalさんと女優さんのくだりから始まるので
要所要所で、なにか象徴的に本筋にからんでくるのかなー、と
思っていたんですが。(宗教信仰の闘争が根底にあるお話ですしね。)
そうでもなく。・・・そういえば元々の「三銃士」にはこんな役柄ってありましたっけ?
(汗)アカン、やっぱり一度三銃士を勉強しなければ(笑)
お芝居の演出として作りだした存在なら、もっと色濃くお芝居の本筋に
影を落として欲しかったな~、と思います。

素人な割にいろいろ書いてしまいましたが(^-^;)
しかし今回はホント既存のお話であり、自分の準備も足りなかったので
またオリジナルの作品を上演される際に、また観に行ってみたいなぁ、と
思いましたです♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこ
2006年02月19日 16:25
やっとネット復活しましたぁ。。。
う~やっぱりネットが使えないと不便だ(T^T)

演劇ってTVでたまぁにやってるのを見る程度なんすよねぇ。。。
実際に観にいきたいと思いつつ・・いけてないのが現実(T^T)
一度は観にいかなければっ!
よねっち
2006年02月19日 22:19
おぉ、みこさん♪
ネットつながりましたか~、良かったですわ♪

演劇は。うちも、四季の公演とか、フェスでやってるような大きな公演はもう何年も行っておりませんが、小劇団系もいいですよ。
特にSHOW DOWNはホントおすすめです。5月に大阪での公演が決まっていますので、よろしかったらご一緒にいかがですか?(^-^)
(ただし5月のストーリーのネタはちょっとマニアックですが。。。(^-^;))
蜜 ひろじん。
2006年02月21日 00:29
ご観劇、ありがとうございました。
たくさんお客様に来ていただいて、嬉しい反面、きっと座ってしんどいだろなーって。

筒井史緒さんという方です。
あの、ジャズシンガーさんは。
とてもステキな歌声で。
彼女が歌っている時は、ハケでホケーっとしながら聞いてマシタ。完全にイチファンとして。

一応、彼女が詩を作ってくれると、死んだものが浄化されるという飛び道具版・三銃士のオリジナルキャラだったんデス。

若干、伝わりにくかったとは思いマスガ。

けど、やっぱそういうキャラ設定とか背景が気になるという事は、まだまだ役者が“ストーリー”を観せれていないというコトかと。

まだまだ、精進しなければ、デス。


ホントに、観に来ていただいてありがとうございました。
役者呼び出しをしてくれたらいつでも逢いに行きますんで、ぜひ、呼んで下さいな。


一度時間が合えば、よねっちさまのライヴにもお邪魔してみたいデス。

でわでわ。
よねっち
2006年02月22日 00:36
>>蜜サマ
舞台終わられたばっかりですのに。書き込みありがとうございます♪確かにちょっと座席はつめつめでしたが、楽しく観劇させて頂いてたので、さほど”長い、しんどい”とは思いませんでしたよ♪
ただ、確信はないのですが、私の左隣が松○じゅんさんだったような気がします。そして2回ほど御御足を軽く踏んじゃったような気がします。よう声かけませんでしたのでこの場を借りてお詫びをば。。(笑)
筒井史緒さん。パンフでチェックいたしました。大阪でLiveやってはるんですね。ホントいいお声で。やっぱりオリジナルキャラですよね。そういう設定でしたか。しかし<まだまだ役者が“ストーリー”を観せれていない>って訳ではないと思います。見る側の感性もあるのかと(^-^;)(笑)蜜さんの演技は、やはり私は魅せられるものがありました♪3月は無理そうですが、またの機会に伺いますので宣伝してくださいね。
うちのLive・・・はよっぽどお暇な時があれば(^-^;)(笑)いえいえ、なんだかね、こっぱずかしいもので。もしホントに来て頂ける機会がありましたら、チケットお取り置きしますのでご連絡くださいませ♪
みこ
2006年02月25日 12:05
おお!お誘いいただけるなんてうれしいっす(* ̄∇ ̄*)
ぜひぜひ~♪
5月ですねっ。日程わかったら連絡くださぁい
お待ちしております。
今からわくわくしちゃいそうだ・・・
(え?早すぎ?(* ̄m ̄) ププッ)
よねっち
2006年02月25日 23:49
>>みこさん
了解っす♪日程など、また追って
ご連絡いたします。
ってか、ゾンビモノなんですけど
大丈夫ですか?
それだけが気がかりです(笑)

この記事へのトラックバック